便利に利用してエコロジー【木材使って守る環境】

ポイントの利用方法

即時交換でグレードアップ工事にも使える

政府では住宅市場の低迷がもたらす経済への影響を懸念して、住宅市場の活性化に向けた新たな住宅取得支援策を打ち出しており、現在の住宅市場はかつてないほど買い時感が漂っていて、住宅取得を考えている人にとっては、お得に手に入れるチャンスが到来しているのです。 木材利用ポイントなどは既に対象購入期間は終了しているものの、注目されているのは省エネ住宅ポイントです。住宅エコポイントと同様の利用方法となる制度で、エコ住宅の新築やリフォームに対して商品券などと交換できるポイントを付与するというものになります。また、かしこい利用方法として、即時交換すれば追加的にグレードアップ工事などにポイントを活用できるのです。 例えば、エコ住宅の新築では一律で30万ポイント与えられるので、追加的にキッチンをグレードアップしたいなというときには、その省エネ住宅ポイントを使用することができますし、余った分はほかの者にも交換可能になっています。

リフォーム関連の支援策も充実

新築住宅については省エネ基準の義務化が進められている最中ですので、エコ住宅を建てるのでれば、こうした補助制度などを有効に活用したいものです。しかし、利用方法について前回の制度と異なる点は新築住宅では自ら居住する住宅のみが対象となっています。省エネ住宅ポイントが賃貸住宅で対象となるのはリフォームのみです。 省エネ住宅ポイントの対象となるエコリフォームは窓の断熱改修や外壁や屋根、天井や床の断熱改修に加えて、太陽光利用システムなどの設備エコ改修などです。設備エコ改修については対象設備を3つ以上設置することが条件となっています。 また、耐震改修をおこなった場合は通常、一律30万ポイントが45万ポイントになるのです。耐震や断熱補強まで行った場合、戸建てでは1000万円前後、マンションでは600万円前後は平均的かかりますので、支援制度を有効に使うことが得策です。ほかにもお得な利用方法としては、中古住宅を購入し、エコリフォームを実施する場合で、住宅の購入に対して最大10万ポイントが付与されます。